ヨン様と呼ばないで!

アクセスカウンタ

zoom RSS Catalyst8.3

<<   作成日時 : 2008/03/10 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

Radeon使いには月のお楽しみであろう、Catalyst8.3がこないだリリース。
リリースノートはこちら
でまあ例のごとく、動画をいくつかチェック。

環境
CPU:AMD Athlon64 X2 5200+
M/B:ASUS M2N32 SLI-Deluxe
Memory:DDR2-800 2GB
VGA:Radeon HD3850 512M
OS:Windows Vista Home Premium
Player:Windows Media Player
    :PowerDVD7 Ultra

今回から、レジストリ内容も少々追加してみますた。
よって、H.264アクセラレーションが8.3にしたことによるものか、レジストリ追加によるものか分かりません。
追試すればいいんだけど、面倒になったので以下略

とりあえず使用したのは、ネットで拾った動画。
解像度:1280x720
圧縮形式:H.264
フレームレート:60fps
ビットレート:22Mbps

この動画でのチェックは8.2の時もやっていて、その時はCPU使用率が40〜50%くらいは食っていたと思うます。
記録を残しておかなかったので、数字が曖昧なのは勘弁。
で、8.3にしてレジストリ追加後は、CPU使用率がおおむね一桁に収まってます。

画像


再生中のデスクトップをSSにしますた。
SidebarのCPUメーターとCCC表示に注目。
CPU使用率が低い状態で推移しているのが分かりますでしょうか。
で、気になるのはCCCの表示。
GPUアクティビティが5%とかそのくらいまでしか上がってません。
クロックは3D実行時と同じくらいまで上昇してるんですけどね・・・。
それともこれはアレか、UVDはシェーダーとか使わないはずだからGPUアクティビティは上昇しないということなのでしょうかね。
そう考えればすべての辻褄が合います。

ちなみに、現在レジストリに追加してるのは以下の内容になります。
{GUID} の部分はシステムに合わせて変更すること。
まあくれぐれも自己責任でやること。
何かが起こっても俺は責任は持てません。

以下該当部分のコピペ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

REGEDIT4

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Video\{GUID}\0000]
"ColorVibrance_DEF"="0"
"ColorVibrance_DE_MIN"="0"
"ColorVibrance_NA"="0"
"DI_METHOD"="5"
"DI_METHOD_DEF"="5"
"DXVA_DetailEnhance"="0"
"DXVA_WMV_NA"="0"
"Fleshtone_DEF"="0"
"Fleshtone_DE_MIN"="0"
"Fleshtone_NA"="0"
"SORTOverrideVidSizeCaps"="2800000"
"TrDenoise"="0"
"UseBT601CSC"="1"
"VForceMaxResSize"="2800000"
"VForceUVDVC1"="1"
"VForceUVDH264"="1"
"HWUVD_ForceMPEG2"="1"

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Video\{GUID}\0001]
"ColorVibrance_DEF"="0"
"ColorVibrance_DE_MIN"="0"
"ColorVibrance_NA"="0"
"DI_METHOD"="5"
"DI_METHOD_DEF"="5"
"DXVA_DetailEnhance"="0"
"DXVA_WMV_NA"="0"
"Fleshtone_DEF"="0"
"Fleshtone_DE_MIN"="0"
"Fleshtone_NA"="0"
"SORTOverrideVidSizeCaps"="2800000"
"TrDenoise"="0"
"UseBT601CSC"="1"
"VForceMaxResSize"="2800000"
"VForceUVDVC1"="1"
"VForceUVDH264"="1"
"HWUVD_ForceMPEG2"="1"

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここまでコピペ

このレジストリエントリを登録したら、再起動。

そういえば、今までのCatalystだとバージョンを上げるとGUIDが必ず変わったけど、8.2→8.3では変わりませんでした。
どういうことなんだろう・・・。

それと、UVDがひょんなことから効かなくなることが。
おまけに、テスト動画が最初のフレームから表示が変わらなくなったり。
CCC→AVIVOビデオ→すべての設定→高水準画質→デノイズのチェックを外したら復活したり、それでも復活しなかったりと条件が今ひとつ不明。
まだまだ色々バグがありそうですなぁ。

最後に。
DVDでも画質チェックとかしてみたけど、8.2と変わった様子がねぇっす。
今のところ、XP + 7.11 + Purevideo Decoderの画質が一番良かった気がしてるですよ。
8.3でも悪くはないのだけど、もうひとつ物足りないのが個人的な感想。
まあそれでもPurevideoHD2よりは満足度が高いので、AMDにはもう一頑張りしてもらえると嬉しいところ。

後は、そのうちもう一度WinDVD9Plusの追試でもしますかね。
ようやくAll2HDの絵が安定して出るようになったし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Catalyst 8.4 + PowerDVD 8
ちと遅れてCatalyst8.4を導入。 あとついでと言ってはなんだがPowerDVD8 Ultraも導入。 ...続きを見る
ヨン様と呼ばないで!
2008/04/21 23:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Catalyst8.3 ヨン様と呼ばないで!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる